• 朝9:00より診療
  • 診療時間

    9:00〜13:00/14:30〜18:30

  • 休診日

    木曜・日曜・祝日

    祝日のある週は木曜9:00〜13:00診療

tel

〒332-0006 埼玉県川口市末広2-3-20

ネット予約24時間受付中

川口市川口元郷駅の歯医者ならあいさつ通りハロー歯科クリニック

電話番号
メインイメージ

コラム

口腔ケア用品、しっかり使っていますか?

皆さんこんにちは。
川口市川口元郷駅の歯医者「あいさつ通りハロー歯科クリニック」 です。

普段の歯磨きの時、歯ブラシ以外にもケア用品を使っていますか?
歯磨きの補助グッズであるケア用品を使うと、歯磨きの効果が何倍にもなるのでおすすめです。

 

ケア用品の種類

お口のケア用品には、デンタルフロスや歯間ブラシ、洗口液などがあります。

デンタルフロスや歯間ブラシは、通常の歯ブラシの毛先では届きにくい歯と歯の間のプラーク(歯垢)を除去するために使うものです。

洗口液は、基本的には歯磨きをした後に使います。
先に歯ブラシで歯周病の原因となるプラークを壊し、内部の菌に洗口液の殺菌成分を届きやすくするのが効果的です。
ちなみに、同じような製品でも「洗口液」と「液体歯磨き」があり、用途が変わってしまいますので、ラベルをよく見て選ぶようにしましょう。

 

ケア用品の効果

歯と歯の間のプラークは、歯ブラシだけでは60%程度しか取り除くことができません。
ところが、歯ブラシと併せてデンタルフロスや歯間ブラシを使うと、90%近いプラークを取り除くことが可能になります。
これだけの違いを日々積み重ねていくと、いつかその差は大きくなっていきます。

 

ケアの重要性

歯磨きは、食事などにより汚れた歯をきれいにする行為です。
この汚れの中にはプラークも含まれています。
プラークに含まれるむし歯菌や歯周病菌は、食べ物や飲み物に含まれる糖分をエサにして増殖していきます。
プラーク中のむし歯菌はさらに糖分をエサにして酸を放出し、その酸が歯の表面のエナメル質からカルシウムやリンを溶かし、やがて歯に穴いてしまいます。
また、歯周病菌が歯周ポケットを広げて歯周病を起こします。

歯磨きの目的とは、このプラークを取り除くことにあり、これを「プラークコントロール」と呼びます
プラークコントロールは、プラークを取ることと同時に、プラークの付着しにくいお口の環境を作ることも指します。
そのため、プラークコントロールを行うことで、むし歯や歯周病になりにくいお口ができるのです。

 

まとめ

ケア用品を使ったことがない方は、まずは自分に合ったものを知っていただくことが良いでしょう。
また、使い方を間違えていると、スムーズに使用できなかったり、歯ぐきなどを傷つけてしまったりすることもあります。

当院では、歯科衛生士が皆さんのお口の状態に合ったケア用品のご紹介と、適切な使い方についてご説明しますので、ぜひご相談下さい。