• 朝9:00より診療
  • 診療時間

    9:00〜13:00/14:30〜18:30

  • 休診日

    木曜・日曜・祝日

    祝日のある週は木曜9:00〜13:00診療

tel

〒332-0006 埼玉県川口市末広2-3-20

ネット予約24時間受付中

川口市川口元郷駅の歯医者ならあいさつ通りハロー歯科クリニック

電話番号
メインイメージ

コラム

入れ歯の種類と金属床をおすすめするワケ

皆さんこんにちは。
川口市川口元郷駅の歯医者「あいさつ通りハロー歯科クリニック」 です。

ひとくちに「入れ歯」といっても、さまざまな種類があることをご存知ですか?
今回は、その中でもプラスチック製の入れ歯と「金属床」と呼ばれる入れ歯についてご紹介します。

 

保険診療と自費診療の入れ歯

プラスチック製の入れ歯は、保険が適用される「保険診療」の入れ歯です。
プラスチックでできていて、厚さは3~4ミリあります。

「金属床」の入れ歯は、「床」と呼ばれる歯のない粘膜部分が金属でできた入れ歯で、保険の適用されない「自費治療」で製作が可能です。
厚さはプラスチック製より3分の1ほど薄くなります。

 

金属床を選択するメリット

入れ歯を金属床にするメリットは、以下のように多くあります
。

・厚さの違い
金属床の入れ歯はプラスチック製のものと比べて3分の1の薄さで作ることができるため、違和感が少なく会話に支障がありません。

 

・熱の伝わりやすさ
金属床は熱の伝わりが良いため、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく感じることができ、美味しくお食事が楽しめます。

 

・たわみにくいので、しっかり噛める
金属床はプラスチック製のものよりも丈夫でたわみにくく、しっかりと噛むことができます。
また金属床は変形も少なく、臭いも付きにくいので、清潔に保つことができます。

 

・残っている歯に優しい
部分入れ歯の場合、残っている歯にバネをかけて固定します。
金属床の入れ歯は、たわみにくくしっかり噛めるため、バネをかけた歯の負担を軽減できます。

 

・見た目の違い
金属床の入れ歯は設計に自由度があり、部分入れ歯を固定するためのバネを目立たなく仕上げることが可能です。

 

・修理、補修が可能
入れ歯が破損したり、ご自身の歯が抜けてしまったりした場合、プラスチック製は多くの場合が作り直しとなりますが、金属床の入れ歯は修理・補修をすることが可能です。

 

まとめ

このように、金属床の入れ歯にはたくさんのメリットがあります。
自由診療のため、価格が高くなるのがデメリットになりますが、毎日お食事や会話を楽しむことができると考えれば、やはり使いやすい入れ歯に越したことはありません。

当院では、患者様のお口の状態やご予算に合わせて、使い心地が良く、お口にぴったりと合う入れ歯を製作いたします。
入れ歯を作りたい、今の入れ歯が合わないなどといった方は、どうぞお気軽にご相談ください。