• 朝9:00より診療
  • 診療時間

    9:00〜13:00/14:30〜18:30

  • 休診日

    木曜・日曜・祝日

    祝日のある週は木曜9:00〜13:00診療

tel

〒332-0006 埼玉県川口市末広2-3-20

ネット予約24時間受付中

川口市川口元郷駅の歯医者ならあいさつ通りハロー歯科クリニック

電話番号
メインイメージ

コラム

今すぐできる、おすすめのドライマウス対策

皆さんこんにちは。
川口市川口元郷駅の歯医者「あいさつ通りハロー歯科クリニック」 です。

前回お話した「ドライマウス」について、さらに詳しく解説します。

 

ドライマウス、放置するとどうなる?

ドライマウスを放置することで、次のようなリスクが高まる可能性があります。

・むし歯や歯周病になりやすい
唾液が少なくなると、お口の中が洗浄されずに悪い細菌が増え、むし歯や歯周病などにかかりやすくなります。
また、唾液には歯の再石灰化でむし歯を予防する効果がありますが、その効果も減ってしまいます。

 

・口臭がひどくなる
唾液の少ないお口の中は細菌が増殖しやすく、細菌が出すガスによって口臭も強くなります。

 

・口の中に痛みを起こしやすくなる
お口の粘膜が唾液で保護されていないと、ちょっとしたことで粘膜が傷つきやすくなります。
そのため、お口の粘膜のいたるところに痛みを感じたり、口内炎が頻繁にできる原因になります。

 

・ものが飲み込みづらくなり、消化も悪くなる
食べ物を飲み込む際、唾液が大きな役割を果たしています。
唾液が少なくなることにより、ものが飲み込みづらく、また唾液によって食物が消化されないため、胃腸にも負担がかかります。

 

・風邪などの感染症にかかりやすくなる
唾液がなくなると、外部からのウイルスや細菌に対して免疫力が働きにくく、感染症にかかりやすくなります。

 

・誤嚥性肺炎を起こしやすくなる
とくにシニア世代の方の場合、スムーズに飲み込めなくなることにより、食べ物が気道に入ってしまい、誤嚥性肺炎を起こしやすくなります。

 

・味覚障害を起こしやすくなる
唾液は味の情報を運ぶ役割もしています。
唾液が減ることでその働きが衰え、味覚を正常に感じられなくなる「味覚障害」を起こすことがあります。

 

ドライマウスを改善する食べ物

ドライマウスを改善するためには、唾液の分泌を促す食べ物を選ぶことも重要です。

たとえば、レモン、梅干し、お酢などの「酸っぱいもの」、するめ、固い生野菜、ガム、ナッツ類などの「噛みごたえのあるもの」、昆布や納豆などの「唾液促進物質を含むもの」などが有効です。

 

「ガム」を噛むだけでも効果アリ?!

ドライマウスの簡単な対策法として、ガムを噛むという方法があります。
ガムを噛むことで噛む筋肉が動いて唾液腺も刺激され、唾液が出てくるのです。

この時、ガムの選び方には気をつけましょう。
砂糖入りのものは、糖分がむし歯の原因になってしまう恐れがあります。
そのため、むし歯予防効果の高い「キシリトールガム」を噛むのがオススメです。
とくに食後にキシリトールガムを噛むことを続けることによって、むし歯予防効果が高まると言われています。

 

まとめ

このように、まずはできることからドライマウス対策を行ってみましょう。
今は自覚のない方も、食べ物に気をつけておくと予防になるのでおすすめです。