• 朝9:00より診療
  • 診療時間

    9:00〜13:00/14:30〜18:30

  • 休診日

    木曜・日曜・祝日

    祝日のある週は木曜9:00〜13:00診療

tel

〒332-0006 埼玉県川口市末広2-3-20

ネット予約24時間受付中

川口市川口元郷駅の歯医者ならあいさつ通りハロー歯科クリニック

電話番号
メインイメージ

歯周病治療

歯周病アイコン

歯周病はかつては歯槽膿漏と言われていました。歯と歯ぐきの隙間から細菌(原因菌)が入り込み、歯を支えている歯ぐきや骨を溶かしていき、進行末期には歯を失うこともあります。その進行状況により歯ぐきの発赤・腫れ・出血、口臭、歯のぐらつきなど様々な症状が現れます。
初期症状がほとんどなく自覚症状が少ないため、本人が気づく頃にはかなり重症になっているケースが多いです。毎日歯を磨いていても、いつの間にか歯周病になってしまう可能性が、非常に高いということなのです。
歯周病は予防出来る病気でもあります。
歯周病の正しい知識で大切な歯を守っていきましょう!

歯周病とは

歯周病というと、年齢からくる老化現象で自分は関係ないと思っている方が多いのではないでしょうか。しかし、30才以上の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われ、 歯の喪失原因の第1位になっています。20代の若い人も歯周炎も含めると約7割くらいの方が歯周病患者です。

歯周病説明資料

歯周病とは、口腔内の細菌(原因菌)によって引き起こされる感染症です。細菌の攻撃に対する抵抗力(免疫力)が低かったり、細菌の活動性が免疫力よりも上回ると、歯周病は進行し、歯ぐきや骨、歯槽・歯根膜などの歯周組織を破壊していきます。歯周病には大きく分けて歯肉炎と呼ばれる状態と、歯周炎と呼ばれる2種類の時期があります。歯肉炎までの状態であれば、大抵の場合において、原因となっている細菌(歯垢と歯石)を除去し、丁寧にブラッシングをすれば治ります。しかしながら歯周炎まで症状が進行してしまい、重度の状態になると、抜歯せざるを得ない場合があります。 一度失った歯はもう生えてくることはありません。

歯周病は初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。そのため、日頃からの定期検診やプロによるクリーニングで早期発見、予防していくことがとても大切です。

歯周病の進行

歯周病の進行段階は、大きく分けて4段階に分けることが出来ます。段階によって症状や治療法が異なります。多くの方が、「歯がぐらつく」などといった自覚症状を感じてからはじめて歯科医院に来院されますが、このような症状があるときは、かなり進行してしまった状態なのです。
歯周病に限ったことではありませんが、できるだけ早期発見が大切な歯を残すにはとても重要です。そのため日頃からの予防や、もし歯周病になってしまっても初期段階での症状を見逃さないようにすることが大切です。

歯周病の進行レベル1 健康な状態
  • コーラルピンク色をしていて、弾力がある
  • ブラッシングなどによる出血はない
  • 歯肉がしっかりと引き締まっている
歯周病の進行レベル2 初期(歯肉炎)〜中程度(歯肉炎)
  • 歯肉に赤いところがある
  • 歯を磨くと血が出る
  • 歯が浮いた様な感じがする
  • 歯肉にかゆみがある
歯周病の進行レベル3 重症(歯周病)
  • 歯肉が時々赤くはれて痛む
  • 歯肉から血や膿みがでることがある
  • 口臭が気になる
  • 冷たい物を食べると歯がしみる(知覚過敏)
歯周病の進行レベル4 末期(歯周炎)
  • 歯がぐらぐらする
  • 歯肉がブヨブヨして血や膿みがでる
  • 口臭がひどい
  • 食べ物が噛みづらい