• 朝9:00より診療
  • 診療時間

    9:00〜13:00/14:30〜18:30

  • 休診日

    木曜・日曜・祝日

    祝日のある週は木曜9:00〜13:00診療

tel

〒332-0006 埼玉県川口市末広2-3-20

ネット予約24時間受付中

川口市川口元郷駅の歯医者ならあいさつ通りハロー歯科クリニック

電話番号
メインイメージ

口腔外科

口腔外科のアイコン

口腔外科では口腔や顎、顔面全体などに生じた疾患に対して失ってしまった自然な形態や機能を回復させる治療を行っています。また、インプラント治療等における手術も歯科口腔外科の1つです。

インプラントについて

病気や怪我などにより失われた組織や器官を生体以外の人工物で補う事を言います。 歯のないところへ人工歯根を顎の骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を作成する治療です。 骨とチタンが半永久的に結合するため、従来の義歯(義歯(入れ歯))のようながたつきや違和感がなく、自分の歯のように噛むことができるようになります。
インプラント治療法は外科手術をともないますので、患者様が適応症であるかどうか、全身的な健康状態のチェック、骨の状態など、より精密な検査を必要とします。

インプラントイメージ

親知らずの抜歯について

親知らずイメージ

「親知らずは抜くもの」というイメージがありますが、必ずしもその必要はありません。親知らずがまっすぐ生え、痛みや腫れの症状もなく正常に機能している場合は無理に抜く必要は全くありません。しかし、一番奥に最も遅く生えてくる歯で、生えてくる際に十分なスペースがなく斜めに傾いて生えてくるケースが多くあります。この場合、歯茎や顎の骨を圧迫して痛みを伴ったり、炎症を起こしてしまうことがあります。

また親知らずを健康な状態で残しておけば、将来、奥歯を失ってしまった際、その部分に親知らずを移植出来る可能性もあるため、残しておくメリットもあります。そのため親知らずが生えてきたら痛みがなくても、まずはご相談ください。患者様の親知らずの状態を確認し、症状などのお話をじっくりお伺いしてから判断していきます。

顎関節症の治療について

「顎が鳴る・口が大きく開かない・顎が痛むは、顎関節症の三大症状です。耳鳴り・頭痛・肩こりなどの全身症状にも及ぶケースもあります。特に若い女性がかかりやすいと言われています。自然に治る軽症のものから、仕事はおろか日常生活さえままならない深刻な症状に苦しめられる重症の患者様もいます。

ほっぺが腫れた女性イメージ

顎関節症は、顎の骨が動くときに使われる関節(顎関節)に、噛み合せのズレや歯ぎしり・精神的なストレスなどで過度の緊張や連続的な負担が原因で引き起こされます。しかし、顎関節症の認知度は低いため、ご自分が顎関節症とは気づかず、治る兆しの見えない症状に、悩まされながら生活を送っていらっしゃる方も少なくありません。少しでも症状が当てはまる方はお気軽にご相談ください。

顎関節症の治療は、マウスピースを使用し噛み合わせを調整する方法が一般的です。やわらかい素材のマウスピースを使うことによってクッションの様な役割を果たし、関節への負担を軽減することが出来ます。また、就寝時に主に装着するため、夜間の歯ぎしりや食いしばり防止にも効果があります。

歯ぎしりの治療に「ナイトガード」

ナイトガードとは、歯ぎしりの治療の際に使用されるマウスピースです。就寝時に透明のプラスチック製のマウスピース(ナイトガード)を装着することで、歯や顎にかかる負担を軽減し、歯ぎしりの症状を和らげます。 歯ぎしりの症状が和らぐと、そのおかげで今まで感じていたストレスも幾分か軽減され、その結果、歯ぎしりも治ってくる・・・というのが、マウスピースによる歯ぎしり治療の目的です。

歯ぎしりは、歯や歯の周りの組織に悪い影響を与え、肩こり、頭痛、顎のだるさ、歯がすり減る摩耗、冷たいものがしみる知覚過敏、歯が折れたり割れたりする歯の崩壊がおこります。歯周病や顎関節症を重症化させる原因にもなります。ナイトガードを装着し歯ぎしりを防止することで、顎や歯に加わる負担を軽減し、症状を緩和します。当院ではしっかりカウンセリングを行い、患者様にぴったり合ったマウスガードを作製します。